家庭教師のまとめWEBサイト!カテキョランキング!

TOP > 家庭教師の豆知識 > 家庭教師を相性で決めるの意味を知る

家庭教師を相性で決めるの意味を知る

学校に行くとき、クラスが決められます。
クラスごとには担任がいて、基本的にはその担任が1年間担当します。
学校が決めることなので、合わない担任だとしてもその1年は我慢しないといけません。
合う担任もいれば、合わない担任もいるでしょう。
家庭教師を決める時、よく言われるのが相性が良いかどうかを見ることです。
学校などでは勝手に決まるので拒否はできません。
でも、家庭教師は一定の選択ができます。
一応会社側が適した人を派遣してくれますが、合わないと感じれば拒否をすることができます。
最終的にはある先生に決めますが、本当にその人が相性がいい人かどうかです。
結局のところ、いいかどうかは最終的な目標が達成できるかどうかです。
最初に決められるのは雰囲気が合う、合わないなので、この点を間違えるといい先生を逃してしまう場合も出てきます。



家庭教師は志望校に通っている人

最終的に目指す学校として大学があります。
早い人なら小学校時代からそれを考慮して勉強しています。
中学も、それなりにいい学校に行かないといけないかもしれません。
遅くても高校の3年になったときぐらいからは対策をしないといけないでしょう。
家庭教師を選ぶとき、志望校に通っている人に依頼することがあります。
実際に受験して合格したい学校に通っている人なので、その人は合格をした能力を持っていることになります。
ただ、せっかく選ぶなら、できるだけ一致点が多い人にしましょう。
まず、文系と理系は科目が全然異なります。
系統は同じ方が良いでしょう。
又、できれば学部も志望学部と同じ方がいいでしょう。
選択科目も同じ方が教えてもらいやすいです。
社会や理科は選択科目なので、同じ学校なだけでなく、実際にそれを勉強してきた人の方が良いでしょう。



家庭教師の授業を受けている子供の学力をチェック

家庭教師の授業を受けさせる事によって自分の子供の学力を向上させて学校のテストの点数を上げる事が可能です。
しかし、教えてくれる先生によってはなかなか成績が上がらない事があり、しばらく様子を見ても学校の成績が向上できないようであれば他の先生に変えてもらうのも親としては大事な任務になります。
そこで、定期的に子供の学力をチェックして、学校の成績が上がっているのかを確認します。
少しずつでも成績が良くなっているようであればそのまま様子を見るようにします。
ただ、ほとんど変化がないようであれば先生の交代も視野に入れる必要があります。
家庭教師から勉強を教えてもらうのは授業料が必要であり、安くはないですからお金を支払っている以上は子供の学力を向上できない場合はお金の無駄になります。
その点も考えて、親としても子供の学力を向上させてくれる家庭教師にお願いする事は大事です。

次の記事へ