家庭教師のまとめWEBサイト!カテキョランキング!

TOP > 家庭教師の豆知識 > 家庭教師はまじめな学生かどうか

家庭教師はまじめな学生かどうか

大学を卒業すると、多くの人は就職をします。
つまりは受験は大学が最後の人が多いです。
そのため、大学に入学するとかなりホッとするようです。
特に難関大学の場合は何年もかけて勉強をしていきます。
それが報われたと、ほっとするのでしょう。
ほっとした学生はどんな大学生活を過ごすかです。
これもよく言われるのは、日本の大学は入学しにくくて卒業しやすいとの言葉です。
簡単に卒業できるならとあまり勉強しない人もいます。
優秀な大学の学生をかぶったあまり優秀でない人ができてきます。
家庭教師を選ぶとき、優秀な大学の学生から選ぶことがあります。
確かにその大学に入学した時は優秀かもしれませんが、今はどうかわかりません。
その点をチェックした方がいいでしょう。
今もまじめに勉強している人なら、誠実に先生として子供に勉強を教えてくれるでしょう。



家庭教師は伸ばしたい教科に強い人

大学に進学するには、いろいろな教科を勉強する必要があります。
国語、数学、英語、その他です。
一応1科目でも受験できる学校もありますが、学生時代の成績などが加味されるため、学生時代のその他の教科の成績が良くなければ進学はできません。
家庭教師を選ぶとき、優秀な学校の学生の場合は、すべての教科にそれなりに実力を持っています。
ただ、とびぬけているわけではなく、あくまでも受験を突破する知識として備えている人がいます。
その教科のことを知り尽くしているわけではありません。
それより、ある強化に突出して力を持っている人に来てもらうと、その教科を伸ばしたいときに有効になります。
英語のみ得意、数学のみ得意としている人がいるはずです。
この人たちは、根本的な部分を理解しているので、教え方もうまいです。
その人の能力を引き継げば、かなり能力アップができます。



家庭教師の相場を知って契約をする

塾や予備校の場合、コースによって料金が決められています。
それぞれ決められた料金を支払ってサービスを受けます。
ただ、入学テストなどで優秀な結果が出ると一定の免除が受けられる場合があります。
通っていない名だけの生徒などもいるようです。
家庭教師の場合、元々は直接交渉で金額が決められていました。
依頼をする家庭の方からいくらくらいでと伝え、学生がそれに応じれば契約が成立します。
その他、テストの点数が上ればボーナスが出たり、志望校に合格したらボーナスが出るなどがあったようです。
今は派遣タイプが多くなっていて、予備校などと同じように定額制になっています。
コースを選ぶと、決まった金額になります。
ですから相場がわかります。
会社で異なり、学生のみところとプロばかりの所では料金の差は生じやすくなります。
決まった費用以外は基本的にはかかりません。

次の記事へ