家庭教師のまとめWEBサイト!カテキョランキング!

TOP > 家庭教師の豆知識 > 家庭教師の料金ってどこで変わる?

家庭教師の料金ってどこで変わる?

 子供の教育に家庭教師などを利用する親が増えてきました。その理由は家庭教師を専門に扱っている業者が増えているからです。しかも、家庭教師は塾などと違って、家に教師がきてくれます。なので、塾に通う時間も節約できます。さらにマンツーマンで勉強を教わることができます。確かに利点が多そうな家庭教師でも塾と料金の違いはどうなっているのでしょう。それに家庭教師を主体に運営している業者の方も料金はそれぞれ違っています。その点も重視しておかないと後悔する場合が出てくるかもしれません。大体、子供の教育にこれといった決まりはありません。必要なのは子供一人一人に合わせた指導法です。おおまかに見ると家庭教師と塾ではそんなに大差ないように思われます。以前はどちらかといえば、家庭教師の方が高く考える人も大勢いました。

 だけど、最近では業者の方もリーズナブルな料金設定をしているところが増えました。逆に塾は一教科ずつしか教えないけど、家庭教師の場合なら何教科も教えてくれるからお得だという人もいます。どちらかと言えば、料金に違いが出てくるのは指導法ではなく教材費などの追加費用にあると考えます。案外、教材によって指導も若干、違いがでてくるでしょう。大体、学校の授業では不十分だと感じるから塾や家庭教師を必要にするからです。それに塾の場合、学校の長期休暇を利用して夏期講習や冬期講習という特別授業も行うことがあります。その講習についても追加で必要となる場合があります。確かに講習があるのならその費用も予算に組んでおけばいい話です。しかし、そこまで考えていない人も大勢いるみたいです。

 ちなみに家庭教師の場合、学校で使用する教材を利用する場合があります。なので、教材費がそんなにかからない場合があります。しかし、家庭教師を扱っている業者には専門の教材を作って利用者に購入させるところもあります。結局、どちらを利用するかは子供によって違います。各家庭の経済状態を考えるとどうしても料金は気になってしまいます。だけど、最近は料金にさほど違いが見られなくなってきました。なので、子供のタイプについて利用するか否かを判断すべきです。家庭教師を必要とするタイプとしては基礎がついてなく、学校の授業についていけないとかです。さらに集団の中ではなかなか、集中して勉強ができない子や自発的に勉強できない子の存在、送り迎えなどの負担などを考えても家庭教師の方が都合がいいと思います。