家庭教師のまとめWEBサイト!カテキョランキング!

TOP > 家庭教師の豆知識 > 家庭教師なら自分の机や椅子で勉強できる

家庭教師なら自分の机や椅子で勉強できる

学校や塾、予備校の場合、それぞれで設備が用意されています。
机や椅子の他、様々なものが用意されています。
ただ、多くの生徒に同じものを用意しなければならず、必ずしもいいものが用意されるわけではありません。
椅子などはクッションのない木製ものになります。
塾などは多少環境はよくなりますが、小さい教室に多くの生徒が詰められて勉強することもあります。
それが一般的と言われればそれまでですが、充実した環境とは言えないでしょう。
家庭教師の場合、自宅に先生が来て勉強を教えてもらうスタイルになります。
ですから、机や椅子は自分で用意をしたものになります。
わざわざ用意する必要はなく、普段使っているもので勉強をすることができます。
自分に合った机、いすなので、勉強もしやすいでしょう。
空調なども自分の好みに設定することができるので、暑さ寒さも感じにくいです。



家庭教師はマンツーマンでの授業が受けられる

学校で授業を受ける時、先生が一人に対して生徒が数十人います。
授業のテーマなどは先生が決め、先生が一方的に話をしたり生徒を当てたりします。
この時生徒は自由に質問はできません。
質問があるかどうか問われたときのみ質問ができます。
塾や予備校も学校と同じスタイルです。
生徒の質問を自由に受け付けていると、とても授業にならないからでしょう。
そのため生徒は、疑問に感じながら過ごす時間を持ちます。
その間も授業は進められるので、疑問点を持ちながらさらに授業を聞かないといけません。
家庭教師の場合は、マンツーマンでの授業になります。
授業のテーマは先生が決めることもありますが、生徒の方が何をしたいということもできます。
質問は自由に行えるので、疑問を持ったまま授業が進むことはありません。
分かった状態で進められるので、効率的な勉強が可能になります。



家庭教師であれば親が勉強の様子を見られる

学校で子供がどうやって勉強しているのか気になることがあるでしょう。
公立の学校では、授業参観などがあります。
平日に行われることもありますし、日曜などの祝日に行われることもあります。
あまり頻繁には行われないので、普段の姿が見られるわけではありません。
自宅で勉強している様子であれば、一応見ることはできます。
ただ、塾などで進学のために勉強をするときに、塾の場合は参観などができるわけではありません。
塾にすべてを任せる必要があるので、その塾がいいのかどうかもわからないことがあります。
家庭教師の場合、自宅で先生が授業をしてくれます。
ですから、授業の様子をある程度見ることができます。
さすがに部屋に入って監視するなどはできませんが、部屋の外から音を聞いたり、飲み物などを持って行って様子を確認することができます。

次の記事へ