授業の質が高い医学部進学のための予備校の特徴

医学部 予備校

医学部を受験することを決めたら、予備校をどこにするかを決めなければなりませんが、どういった基準で決めれば良いか悩みます。塾にも、予備校、個人塾、家庭教師など色々な形があります。周りの口コミや紹介、HPに載っている合格実績などを元に選ぶ人も多いですが、どの塾を選ぶかを考える前に、どのタイプの塾が自分に合っているかを考える必要があります。ここでは、予備校の中でも、特に気になる医学部専門予備校と大手予備校の違いについて説明いたします。医学部専門予備校は、医学部に特化した入試に関する情報や受験技術が蓄積されています。また、個人の管理をしっかりしてくれるのも医学部専門予備校の強みなので、自分を律して勉強することが難しい人は向いています。反対に、自分で学ぶ意欲があり、一方通行の授業であっても、自分で理解できる人は、大手予備校が向いていると言えます。

医学部専門予備校の強い部分と特徴

医学部専門の予備校に通うメリットの1つは、先生全員が医学部受験に精通している点です。学校の進路指導は十分とは言えませんし、医学部の様な受験する人が元々少ない入試情報を持っていることが珍しいです。特に、国立・私立を問わず、医学部の入試制度は複雑で出願要件も大学によって異なります。こうした少ない情報を持っていることに加え、医学部に合格した生徒をたくさん見てきた予備校の先生は的確なアドバイスをしてくれます。また、医学部専門の予備校は、医学部を受験する生徒しかいません。従って、常に比較対象は直接のライバルとなり、予備校内でどの順位にいるかが儀合格の指標となります。授業カリキュラムも、初めから医学部に特化しているため、無駄がなく、効率の良い勉強が出来ます。特に私立大学の医学部は、難易度の高い問題を考えるよりも幅広い解法技術を持つことが大切です。このような事が学べるのは、医学部専門の強いところです。

大手予備校を選ぶ強いところと特徴

医学部を受験する際に、選ぶ予備校はもう1つあります。大手予備校です。様々な大手の予備校が存在しますが、大手予備校の強みは、充実したカリキュラムとテキストです。参考書や問題集を執筆している先生が多く、質が高く、非常によく練られたカリキュラムが作られています。テキストの問題には無駄がなく、短時間で実力をつけることが出来ます。大手予備校は優秀な人気講師が揃っています。これらの講師は短時間で多くの知識を伝える能力があるので、その知識をしっかりと身に付けることが出来れば、かなり高いレベルの力を身に付けることが出来ます。ただし、大手予備校の授業は一方通行であることがほとんどです。自分に見合った授業を選択することが必要です。自分を律する心があり、勉強方法を試行錯誤して自分なりの教材の組み合わせを試してみたい人は、大手予備校の環境は優れていると言えます。